ダイエット

冬に太りやすい部位ベスト5! 筋膜リリースとダイエット法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬といえば気になるのが「冬太り」。冬は運動不足になり、一方で食べる量は増えるという状況に陥ります。
人によって脂肪が気になる部位は異なるかと思いますが、ここでは冬に太りやすい部位を5つピックアップして、どうやって落としていけばよいのか、筋膜リリースの面から紹介していきます。

冬のダイエット、落としたい部位は?

冬に太ってしまう部位ベスト5

冬は寒さから体を守るためについ食べ過ぎてしまい、さらに体を動かすことが少なくなると脂肪はついてしまいます。
みなさんは、体のどの部位で脂肪がついてしまったと感じることが多いですか?

1位 お尻
2位
3位 太もも
4位 お腹
5位 背中

1位 お尻

ダイエットしたい部位:お尻冬に太ってしまう……という悩みを抱えている女性は、きっとお尻にお肉がついてしまったと感じているのではないでしょうか?
実は、冬に太りやすい部位の1位はお尻。ホルモンバランスの関係でお尻から太るケースが多いのです。

“下半身太り”という言葉があるように、女性の場合はお尻から太りやすくなります。

パンツを履いた時にきつい感じがする、下着からお尻のお肉がはみ出ているようなきがする……といった変化を感じるのは気のせいではないのです。

2位 腰

ダイエットしたい部位:腰お尻の次に太りやすいのは、腰です。お尻とつながっている部位でもあるので、お尻にお肉がつくのと同じようにして腰にもついていきます。
腰に脂肪がつくことでウエストまわりが太ってしまい、ファッションにも支障が出ます。腰のお肉がつまめる、
「パンツが苦しい」といった変化を感じたら、腰に脂肪がついているサインです。

3位 太もも

ダイエットしたい部位:太もも下半身太りになりやすい冬は、太ももにも脂肪がつきやすくなります。
冬になり冷えを感じると、ますます太ももは太りやすくなり……。

寒いと血行が悪くなり、老廃物も溜まりやすくなるため、脂肪も蓄積。筋肉の動きも鈍くなるため、余分な脂肪がついてしまいます。
エネルギー消費量が落ちてしまうので脂肪を貯めようとする力も働くので、太ももは太りやすい部位なのです。

4位 お腹

ダイエットしたい部位:お腹4番目に脂肪がつきやすいのは、お腹です。いわゆる“お腹ぽっこり”状態になってしまいます。

寒さによって腸の働きが低下し、血流も悪くなることで脂肪は溜まりやすくなります。便も溜まりやすくなり、脂肪を燃焼しようとする力が弱まります。

その結果、ぽっこりお腹になってしまいます。

5位 背中

ダイエットしたい部位:背中最後に挙がるのが背中です。

背中は普段、自分ではじっくり観察できません。油断していると脂肪がついてしまう部位です。

特に猫背や丸めた姿勢が癖になっている場合は、背中部分に脂肪がつきやすくなります。悪い姿勢で血流が悪くなってしまうことも原因として挙げられます。

このように、冬に太りやすい部位は下半身から背中まで及びます
人によって「太った」と感じる部位は異なると思いますが、外で活発に運動ができなくなる分、以下に紹介する筋膜リリースで脂肪を燃焼していきましょう。

太ってしまった5つの部位、筋膜リリースで効率よく脂肪を落とそう!

冬太りしてしまった5つの部位、それぞれどんな方法で効率よく痩せることができるのか知りたいという人のために、手軽にできて効果も期待できる筋膜リリースを紹介しましょう。

  • お尻と太ももに効く筋膜リリース
  • テニスボールを使ってぽっこりお腹を解消しよう
  • 腰まわりの筋膜リリースは腰痛にも効く
  • 僧帽筋を伸ばして背中を引き締めよう

お尻と太ももに効く筋膜リリース

まずは、冬太りを感じやすいお尻と太ももの筋膜リリースから。
これ1つでお尻と太ももの両方をケアできるので、忙しい合間にも続けられます。

  1. 肘をついて体を支え、横になる。下の方の足を軽く曲げておき体を安定させたら、上の足を床と平行になるように伸ばす。
  2. お尻の筋肉を意識しながら、上の足の膝を曲げて足を後ろに引く。これを30回繰り返して、終わったらもう片方も同じ要領で行います。

特に道具も必要なくできますで、テレビを見てのんびりしているときなどに試してみてください。

テニスボールを使ってぽっこりお腹を解消しよう

続いてはテニスボールを使ってできるお腹の筋膜リリースです。2個のテニスボールを使います。

  1. 床にうつぶせになり、お腹の下にテニスボールを敷いたら体重をかけていく。
  2. 今度は仰向けになり、お腹にテニスボールを置いて手で転がしたり、圧をかける。

たったこれだけで気になるぽっこりお腹の解消に効果的。さっそくテニスボールを使ってお腹を刺激してみましょう。

腰まわりの筋膜リリースは腰痛にも効く

腰にお肉がつくとウエストがだらしなくなってしまうので、できるならくびれたウエストを手に入れたいです。そこで、腰周りの筋膜リリースを実践してみましょう。この筋膜リリースは腰痛にも効くのでおすすめです。

  1. 仰向けに寝転がり、尾骨の少し上あたりにテニスボールを横向けに置く(テニスボールは2個くっつけたものを使う)。
  2. そのままの状態で30秒待つ。
  3. この手順を朝晩、1日2回行う。

実際にテニスボールを入れてみると腰が伸びて、気持ちいいと感じます。
ずっと続けていたいとも思ってしまいますが、長時間刺激しているとまた腰を痛めてしまうことになるので、時間はきちんと守って筋膜リリースを行いましょう。

僧帽筋を伸ばして背中を引き締めよう

最後に紹介するのは、背中の筋膜リリースです。首の下から肩、背中にまで続いている僧帽筋(そうぼうきん)を伸ばします。

  1. 右腕を肩と平行になるように伸ばす。左手で耳の上を押さえるようにして、頭を左側に傾けていく。
  2. 息を吐きながら、ゆっくりと腕をおろす。指先がより遠くに行くように、意識しながら伸ばす。
  3. 息を吸いながらあごを引き、ゆっくりと斜め下の方向を見る。
  4. 両手で頭を抑えて、首の後ろを伸ばす。
  5. ①~④を反対側も同様に行う。

筋膜リリースは部位だけでなく全身に!

ダイエットはまず身体作りから冬太りは脂肪のつきやすい部位として、下半身が挙げられます。お尻や太もも、お腹まわりも気になるという人は多いでしょう。

ついてしまった脂肪は上手に運動をして燃焼させていくのが一番ですが、冬は寒いので思うように運動もできません。

そこで、筋膜リリースで筋膜の癒着をはがし、脂肪が落ちにくい体をつくってください。

ただし、筋膜リリースは部位だけに施すと、全身の筋膜のバランスが崩れて悪化してしまう恐れがあります。
そんな時はぜひ専門家にご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。