体質改善

肌がカサカサ・・・冬の乾燥・水分不足の改善方法と筋膜リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬になると肌がカサカサと乾燥してしまう、メイクもきちんと仕上がらないと感じている人が多いですよね。
冬は空気が乾燥して、お肌の水分までも失われていきます。この乾燥はお肌だけでなく、体内にも影響を及ぼします。

冬のお肌の乾燥をどう防ぐ?
できるだけ冬場の水分不足を防いで乾燥に悩まないように、筋膜リリースを実践してみましょう。
筋膜リリースを行うことで、どのように冬の乾燥対策ができるのでしょうか?

冬の乾燥肌、その原因は?

乾燥肌になる決定的な要因は、血流の悪さです。

身体の水分不足によって、筋膜の癒着が起こります。その筋膜の癒着が血流低下へとつながり、乾燥肌となってしまうのです。

気になる顔の乾燥は、この筋膜リリースで対処できる!

乾燥は全身あらゆる部位で感じやすいですが、女性にとって特につらいのは顔の乾燥です。
メイクも映えないし、かゆみが出たり粉を吹いたように見えてしまうのが困ります。
保湿クリームを塗ってもあまり改善されない、という悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?
そこで、顔の筋膜リリースを実践して、冬場の気になる乾燥からお肌を守りましょう。
顔のカサカサやシワには次の筋膜リリースが効果的です。

  1. 頭皮のマッサージをして、血行の促進を図るのがポイントです。頭皮が硬くなっていると、表情筋は強張り顔の血行が悪くなるため、乾燥を招きます。頭皮に手を当てて、頭皮を動かすように前後させてみましょう。
  2. 次は、おでこと後頭部の筋膜リリースを行います。片手の手のひらをおでこに当て、反対の手は後頭部に当ててぐっと押します。押しながらおでこを上に、後頭部は下に下げるようにします。
  3. 最後は目尻とアゴの筋膜リリースもやってみましょう。右手の親指を右側のエラ部分に、あとの指はこめかみに当てます。次に左手の4本の指をおでこに当てて、押すようにしながら皮膚を持ち上げます。

顔の乾燥に対しては、このステップで筋膜リリースをやってみましょう。
毎日実践すると顔の血行が良くなり、気になる乾燥からも開放されます。
冬に乾燥知らずのお肌になるだけで、お肌の悩みを抱えずに済むのでぜひ試してみてください。

水分が奪われやすい手も筋膜リリースで乾燥対策

水分不足は顔だけで感じるわけではありません。手洗いが多くなることもあり、水分が失われやすい部位のひとつとして、手が挙げられます。

手のケアも欠かさずに洗わないわけにはいかないし、洗う度にハンドクリームをつけるのも面倒……。

と、つい手のケアを疎かにしがちです。

そうしている間にも手の水分はどんどん奪われていっています。そこで、手も筋膜リリースで乾燥から守りましょう。

  1. 手の爪の付け根部分を反対側の親指と人差し指でつまむようにしてマッサージをします。このマッサージをすると爪に栄養が送られ、ささくれも予防してくれます。
  2. 次に、手の水かき部分のマッサージを行います。左右の水かき同士を押し付けあうと、指の血行が良くなりホルモンバランスが整い、肩のコリもほぐすことができます。

手の筋膜リリースはこの2つを実践してみてください。
筋膜リリースと合わせて、ハンドクリームを使って保湿を行うと手の乾燥対策はばっちりです。

冬場の乾燥対策はお風呂の入り方にも気をつけて

冬は熱いお風呂に浸かるとほっと一息つくことができ、1日の疲れを癒すことができます。
シャワーだけ、というよりはゆっくりと湯船に浸かったほうがよいのですが、お風呂の入り方に注意することで冬場の乾燥対策ができます。
そこで、以下の点に注意しながらお風呂に入りましょう。

  • 体は手で優しく洗う
  • 保湿効果のある入浴剤を使う
  • お風呂上がりは保湿クリームと水分補給を忘れずに

体は手で優しく洗う

きっと多くの人が、体を洗う際にスポンジやタオルを使っているでしょう。

乾燥対策:スポンジを使わず手で体を洗ってみましょうスポンジやタオルを使って洗っていると、お肌を傷つけてしまいます。そのため、体を洗うときは石鹸をしっかり泡立てて、手で洗うようにしてみましょう。

さらに、乾燥がひどい人は毎日体を洗う必要もないと言われています。
湯船に浸かっているだけでも皮脂は落ちるので、どうしても乾燥がひどくなっている時には石鹸を使って洗わないほうがよいのです。

保湿効果のある入浴剤を使う

今はいろんな入浴剤が登場しており、毎日の入浴タイムを楽しませてくれる商品もありますよね。
そんな入浴剤も保湿効果のあるものを選びましょう。

そして、お風呂から上がるときにシャワーで入浴剤を流してしまわないようにするのもポイントです。
せっかく入浴剤に含まれる保湿成分がお肌に浸透していこうとしているので、洗い流さずに浴室から出ましょう。

お風呂上がりは保湿クリームと水分補給を忘れずに

お風呂上がりは一段とお肌がカサカサする時です。
このタイミングで保湿クリームやボディローションを全身に塗りましょう。体が温まって血行が良くなっているお肌に、クリームやローションはすんなりと馴染んでくれます。

お気に入りの香りのものや保湿成分に優れているものなど、自分の好みのものを選んで洗面所に置いておくと、いつでも使用できます。
お風呂から上がって5分以内につけるようにしましょう。

さらに、体内が水分不足を起こしているとお肌も乾燥していきます。
お風呂上がりは水分が不足している状態なので、できるだけ早く水分補給をしましょう。お茶やジュースより、水を多めに摂取するのがポイントです。

乾燥・お肌対策には水分補給です

このように、冬場はお風呂の入り方をきちんとすることで乾燥対策ができます。
今の入浴の仕方を見直して、お肌のケアを始めてください。

冬の乾燥肌対策には筋膜リリースが効果的です

冬は体全体が乾燥し、水分不足に陥りやすい季節です。この時期の乾燥対策には、筋膜リリースが有効です。
特に乾燥を感じやすい顔や手においては、筋膜リリースの方法を覚えて続けてみると、徐々に乾燥状態が和らいでいきます。
筋膜リリースは体の中からケアしてくれるので、気になる悩みを改善したいときにぴったりですよ。
冬こそ筋膜リリースを積極的に行って、乾燥対策を始めてみてください。

さらにお風呂の入り方も注意すると乾燥しらずの体になれるでしょう。
筋膜リリースで血行が促進され、体の内側から悩みを解消することができます。ここから、筋膜リリースで体質改善ができると言われているのです。

乾燥する冬には、筋膜リリースをしてお肌の調子を整えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。