体質改善

秋から冬の体質改善! 寒さが本格化する前、どうやってむくみを取る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

秋から冬にかけて、ちょっとした体調不良が続くという経験はありませんか?

朝すっきり起きられない、体がだるい、食欲にムラがあるなど人によって現れる症状が異なる中で、むくみに悩む人も増えています。
体が冷えるとむくみやすくなり、秋の気候や体の変化も考えられます。

そこで、秋から冬にかけて快適に過ごすために体質改善を図るべく、むくみの原因や解消法を紹介しましょう。

むくみ 秋 冬 体質改善

秋はなぜむくみやすくなる?

秋は、実は1年の中でも最もむくみやすくなる季節と言われています。夏に溜め込んでいたものが現れる時期であり、むくみを感じる人が多くなっています。
秋にむくみやすくなる原因には、以下の点が挙げられます。当てはまるものがないかチェックしてみてください。

  • 足元が冷えている
  • 湯船に浸からない習慣がむくみを招く
  • 冷たい食べ物や飲み物
  • 秋になってつい食べ過ぎてしまったり夜更かししてしまうことがある
  • 一日の気温差が激しくなり体は冷えている

足元が冷えている

残暑が厳しく服装も半袖や裸足といった生活が続く秋、体では感じない部分で秋ならではの気候に変わっていっています。
その中で、夏と同じファッションで過ごしていると、足元が冷えてしまいます。
裸足にサンダル、短めのスカートやパンツといった格好を続けていると、体はどんどんむくみやすくなってしまうのです。

湯船に浸からない習慣がむくみを招く

むくみ 湯船 シャワー

夏は暑くてシャワーだけで済ませていたという人が多いかもしれませんが、秋になってもシャワーだけで済ませていると、むくみを招くことになるので要注意です。
秋になると朝晩の気温は少しずつ変化してきており、体は冷えを感じやすくなっています。そんななかシャワーだけで済ませていると、血行が悪くなりむくみとなって現れます。

冷たい食べ物や飲み物

暑い夏には美味しく感じられる冷たい食べ物や飲み物、秋になっても同じような生活を続けていると、むくみを招きます。
冷たいものを多く摂取していると、体は冷えていくばかりでむくみも生じるようになります。
日中は暑い日があることもある秋ですが、できるだけ冷たいものは避けるようにしたいですね。

秋になってつい食べ過ぎてしまったり夜更かししてしまうことがある

秋になると、旬を迎える美味しいものがたくさんあります。
美味しいものの多くはカロリーが高めであったり、食べ過ぎてしまうことで脂肪を蓄えることにもなります。
特定のものをたくさん食べていると栄養バランスが偏ってしまい、むくみを招くことがあるので注意が必要です。

むくみ 食べ過ぎ 夜更かし

また、秋になるとつい夜更かししてしまうという人もいるでしょう。
夜ふかしをすると睡眠不足になってしまい自律神経のバランスが乱れることから、むくみを招くことがあります。

知らず知らず過ごしている日々の中で、むくみの原因を作ってしまっている場合もあるのです。

一日の気温差が激しくなり体は冷えている

秋になると、一日の気温差が激しくなります。
朝晩は冷え込みますが、日中は日差しが感じられると暑さを感じることもあります。
日中の暑さからつい多くの飲み物を摂取してしまうこともあり、夜になると体が冷えて血流が悪くなり、水分をうまく排出できずにむくみとなって現れます。

秋のむくみ、おすすめの解消法は?

秋の気候や夏からの生活習慣などによって感じることのあるむくみ、原因を追究した上で適切に対処していきたいですね。
そこで、秋を楽しみながらむくみ対策ができる方法をご紹介します。

  • 秋に旬を迎える野菜でむくみ改善
  • 体を温めることが大事

秋に旬を迎える野菜でむくみ改善

秋は、たくさんの食べ物が旬を迎えます。
食欲の秋とも言われるほど、美味しいものがあふれてつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

そこで、旬を迎える野菜を上手に活用して、むくみ改善を図りましょう。

まずは、秋に美味しくなるきのこ類がおすすめです。
水分を排出してくれるカリウム以外に、食物繊維も豊富となっています。
ビタミンB群も豊富に含むので、代謝を促進し、老廃物をすっきり排出することができます。
しいたけやえのき、しめじ、エリンギなど、日々の食事でいろんなきのこを取り入れてみましょう。

むくみ 改善 食物繊維

次に、里芋やレンコンといった根菜もおすすめです。
里芋にもきのこ類と同じような働きがあり、秋に美味しくなる野菜として料理にも活用しやすいですよね。

また、レンコンについてはビタミンCをたっぷり含んでいるので、疲労回復や毒素排出、腸内環境の改善など、さまざまな効果が期待できます。
美味しく食べて、体のむくみもすっきりするとよいですね。

体を温めることが大事

夏からの過ごし方で、体を冷やしてしまいむくみとなってしまうケースが多いでしょう。

そこで、秋はリラックスして疲れを取るためにも、一日の終わりには湯船にゆっくりと浸かる時間を確保しましょう。
たった5分でも湯船に浸かるのと浸からないのとでは、体の温まり方や寝つきの良さなどが変わってきます。

あったかいお風呂に入ることで心身共にリラックスできるので、入浴剤を楽しんだりしながら湯船に浸かる時間を作ってみてください。 

そして、日中においても体を冷やさないケアが大切です。飲み物は常温かホットにする、食事では体を温めるものを意識して食べる、足元は靴下を履いてしっかり温めるといった点に注意してみましょう。

むくみ 改善 温める

体を温める習慣を心がけていると、寒い冬が本格的に始まっても元気に過ごすことができます。
風邪やインフルエンザなどに打ち勝つためにも、秋のうちに体作りをしておくと良いでしょう。
特にむくみに関しては、さまざまな不調につながるので、早めの対策が肝心です。

まとめ

秋は体調を崩しやすい季節になり、むくみを感じることも増えます。

これには体の冷えが関係しており、気づかないうちにむくみの原因となる生活を送っている可能性があります。
そこで、体を冷やす生活をしていないか振り返ってみて、体を温める生活を心がけてみましょう。

食べ物で体の内側から温める、湯船に浸かって体を温めるといった方法を取りながら、むくみ対策を始めましょう。

早めにむくみ対策をしておくことで、秋以降の冬も元気に過ごすことができるでしょう。
むくみは放置していると不調が続くばかりなので、日常生活に気をつけながらむくみを溜め込まないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。