体質改善

酷暑で急増! 夏バテになる原因と日常生活からできる4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年の夏は、異常とも言われているほどの酷暑となっています。

気温が35℃を超えることも多くなり、毎日熱中症に注意するようにと報道もされています。そんな厳しい暑さの夏、夏バテにならないように気をつけて過ごしたいですよね。

夏バテの原因を知って、正しく対策を取れるように心がけましょう。

夏バテ 原因 対策

夏バテの原因とは?

夏バテになると、体がだるくなり、食欲もなくなってしまいます。
そんな夏バテは、なぜ起きるのでしょうか? 原因を見てみましょう。

  • 温度差により自律神経が乱れる
  • 発汗により体内のバランスが崩れる
  • 睡眠不足

温度差により自律神経が乱れる

夏は外がくらくらするほどの暑さになる一方で、室内は冷房が利いて涼しい空間になっています。
このときに、体が感じる温度差は急激になっており、体力を消耗していきます。

暑さから逃れるために冷房の利いた涼しい部屋で過ごす時間が長くなりますが、体はストレスを受けており、自律神経にも乱れが生じるようになります。

自律神経のバランスが乱れると気分にむらが出てくるだけでなく、胃腸の不調を感じたり体のだるさ、食欲不振といった症状が現れます。このような症状から夏バテと言われるようになります。

発汗により体内のバランスが崩れる

夏はとにかく汗をかくことが多いですよね。

日本は高温多湿な環境なので、汗をたくさんかいているようで発汗機能がうまくいかなくなります。
汗をかかなくなると体温調節ができなくなります。

また、外で活動していると異常に汗をかいてしまうので、体内の水分は不足してしまい夏バテの症状を引き起こします。

睡眠不足

熱帯夜と言われる日が続くようになった夏、寝つきが悪くなり寝苦しい日が続きます。

夜中に暑くて目が覚めたり、朝日が暑くて早くに目が覚めてしまったり・・・といったように思うように睡眠が取れていない人も多いでしょう。

夏バテ 睡眠不足

このような睡眠不足が続くことで、昼間の疲労を回復させることができなくなります。
すると体が疲れたままになり、夏バテ症状を感じるようになります。

疲れを取り除くために取る睡眠がきちんと取れなくなるために、夏バテを招くことになるのです。

こんな症状が出てきたら夏バテかも!?

夏バテになったら、いろんな症状が現れます。
そこで、ここでは夏バテ特有の症状や、一見すると風邪と勘違いしてしまうような症状までご紹介します。

  • 食欲不振
  • 体のだるさや疲労感

食欲不振

夏バテによって生じる自律神経の乱れは、食欲不振を招きます。
冷たい飲み物ばかり、麺類ばかりを食べたくなる、全体的に食事量が減っていると感じたら、夏バテによる食欲不振に陥っているのかもしれません。

夏バテ 食欲

体のだるさや疲労感

夏バテになると体にだるさを感じ、疲労感が抜けなくなります。
このだるさと疲労感は、夏バテの代表的な症状です。

やる気が出なくなったり、体を動かすのが億劫になったりといった症状を感じたら、夏バテのサインではないでしょうか。

知っておきたい4つの夏バテ対策

夏バテは未然に予防していくことで、真夏を少しでも元気に乗り切ることができます。
そこで、夏バテ対策法を知り、日常生活で実践してみましょう。
日々の生活の中で実践しやすい方法をご紹介します。

  • 日頃からしっかりと睡眠を取る
  • バランスのとれた食事を食べよう
  • 上手に水分補給しよう
  • 湯船に浸かってリラックスしよう

日頃からしっかりと睡眠を取る

夏は睡眠不足に陥りやすい季節ですが、体に疲労が蓄積されたままでは元気に過ごすことができません。
そこで、日頃からしっかりと睡眠を取るように心がけましょう。
夜の睡眠は、最低7時間は取るようにし、子どもであれば9時間~10時間程度は眠っておきたいですね。

日中の疲れを取り除くために、昼寝を15分ほどするのも効果的です。
また、夜間の冷房を上手に使って、ぐっすりと眠れる環境作りもしてみましょう。
しっかりと睡眠が取れているだけで、夏バテの予防につながります。

バランスのとれた食事を食べよう

夏バテの対策法を考える上で、バランスの取れた栄養豊富な食事は欠かせません。

夏バテにより食欲にむらが出たり、冷たいものばかり食べたくなります。
しかし1日3食きちんと食べることを心がけ、野菜や肉、魚、大豆製品などをバランスよく食べましょう。

外食ばかり、惣菜などの買ってきたものばかりといった生活を続けていると、栄養に偏りが生じて体が回復していきません。
できるだけ自炊を心がけて、体の栄養となるものを取り入れてみましょう。

上手に水分補給しよう

適度な水分補給は、夏バテだけでなく熱中症予防にもつながるので効果的です。

夏バテ 水分補給

しかし、冷たい飲み物ばかり飲んでいると、体を冷やすことになり胃腸の不調を招く恐れがあるので注意しましょう。

そして、水やお茶ばかりではなくスポーツ飲料を飲むのもおすすめです。特に、

  • 暑い夏に外出する用事がある
  • 室内で過ごす予定だが冷房を付けっぱなしにするかもしれない

という場合にもスポーツ飲料を適度に摂取しましょう。

また、夏バテを予防するためにも冷たい飲み物ではなく、できれば常温のものを飲むようにしましょう。
冷たい飲み物はのどごしがよく、暑さを紛らわすことができますが、体にはよくありません。
かえって体を疲れさせてしまうので、冷たい飲み物は控えましょう。

湯船に浸かってリラックスしよう

夏はお風呂に入るのも暑く感じてしまい、シャワーだけで済ませる人が増えるでしょう。
これでは体の疲れを取り除くことができず、冷房などで冷えた体は不調が続きやすくなります。

そこで、1日の終わりには湯船に浸かってリラックスする時間を作りましょう。
熱いお湯ではのんびり浸かることができないので、38度~40度のぬるま湯で過ごしてみてください。
じんわりと体が温かくなって、その後の睡眠もしっかり取れるようになります。

夏バテの対策法を知って暑い夏を乗り切ろう!

夏バテ 対策 日常生活

暑さが厳しい夏には、誰しも夏バテにかかる恐れがあります。
暑さで体が疲労を感じているなかで、具体的な不調が現れていたら早めに対策を取りましょう。
まずは、しっかり睡眠を取って栄養のあるものを食べることが大切です。

その上で、お風呂の入り方や夏バテ予防に良い食材に注目する、冷房の中で過ごす際の服装などにも気をつけて過ごしながら、体の調子を整えていきましょう。
体にだるさや食欲不振などのサインが現れたら、すぐに対策を取ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。