冷え対策

夏・秋・冬との冷え比較! 春に冷えが起こる理由と解消法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

季節によって体で感じる不調や悩みは異なります。
特に冷えは一度感じると、さまざまな対策を取っても良くならないということを繰り返しがち。

季節によって感じる冷えには違いがありますが、春においてはどのような冷えが起きるのでしょうか?
夏、秋、冬との違いは何なのでしょうか?
春の冷えが起こる仕組みや解消法を紹介します。

春の冷え

春に冷えを感じる理由は?

春は気温が上昇し、暖かく感じる日が増えてきます。冬の寒さから開放されて、体にとって過ごしやすい季節を迎えます。
そんな春は外の気温が高くなる一方で、体は冷えてしまうという事態が起こる場合があります。
なぜ、春になっても冷えを感じることがあるのでしょうか?

  • 寒暖差が激しくなるから
  • 生活習慣の変化
  • 食事内容の変化

寒暖差が激しくなるから

春は日中は太陽の光が暖かく感じられ、薄着で過ごせるようになります。
しかし、朝晩はまだまだ寒く、昼間と夜とでは気温差が大きくなります。
10℃以上も気温差が生じる日もあり、春といえどもまだまだ寒さを感じる季節ではあります。

この寒暖差は自律神経に影響を及ぼします。
自律神経の乱れによって血行不良を起こし、体は冷えていきます。
その結果、手足が冷たかったり、体全体が冷えてしまっているように感じるのです。

気温から冷えを感じることで自律神経が乱れるという逆の流れもあるので、春は冷えを感じやすい季節と言えるのです。
春になって気温が徐々に上がってくるとはいえ、冷え対策は冬に引き続き行っていきたいですね。

生活習慣の変化

冬から春に変わるにつれて、生活習慣にも変化が生じます。

大きく変わるのは服装でしょう。コートなどの上着がいらなくなったり、首元の開いた服を着るようになったりと、春になることで服装には変化が見られます。

春の冷えと寒暖差・生活環境の変化

しかし、春はまだまだ朝晩が冷える時期。服装が薄着になることで体は知らないうちに冷えを感じ、症状が現れるようになるのです。

春になると、つい薄着になりたくなりますが、朝晩の寒暖差が大きい季節であることを知って、防寒対策はきちんとしておきましょう。

食事内容の変化

春になると服装だけでなく、食事内容も自然と変わっていきます。
たとえば冬にはホットの飲み物を飲む機会が多いと思いますが、春になって冷たい飲み物が飲みたくなります。
氷が入ったジュースや冷蔵庫でよく冷えている紅茶など、つい冷たい飲み物を飲みたくなることで、気づかないうちに体を冷やしてしまっている恐れがあります。

春の冷えと飲み物

体を冷やす飲み物や食べ物を食べていると、体には冷えの症状が現れます。
手足がいつも冷たい、暖かい時間帯でも寒い気がするといったように、日頃摂取している飲み物などの影響により体が冷えてしまいます。
冬から春に変わることで、つい体を冷やすものを摂取しようとしてしまうので注意が必要です。

夏は冷房や薄着による冷え。
秋は肌寒くなってくる気候に体が追いついていかずに感じる冷え。
冬は厳しい寒さから体の芯まで冷えてしまうといった状態が起こります。
一方で、暖かくなってくる春も冷えは油断できないのです。

春の冷え解消法

春にも感じる冷え、理由は寒暖差や生活習慣が影響していると言えます。
そこで、春の冷えを改善するために、以下の方法を試してみてください。

  • 足元をしっかり温める
  • 自律神経のバランスを整える
  • 生活習慣を見直そう

足元をしっかり温める

冷えを感じやすい部位として外せない箇所は、足元です。足元が温かいだけで、体はぽかぽかとしてきて冷えは感じなくなります。

私たちの体は上半身よりも下半身のほうが冷えやすいので、足元から温めていきたいところ。

春になっても厚手の靴下を履いたり、履物をヒールのある靴ばかりでなくスニーカーを履く、スカートばかりではなくズボンにしてみる、お風呂ではしっかり足元を温めるといったように、冬と同じような生活を心がけて足元を温めてみましょう。

春の冷えと足元

自律神経のバランスを整える

春は自律神経の乱れによって冷えを感じているケースもあります。
自律神経のバランスを整える上で大切なのは、ストレスを溜めないこと、質の良い睡眠を取ることです。

日々ストレスを抱えて睡眠不足だという人も今は多いですが、ここを改善していくことで春の冷えも対処できます。
忙しい毎日の中でもストレスを上手に発散してリラックスすること、夜は眠りやすい環境作りをしてたっぷりと睡眠時間を確保するようにしましょう。

生活習慣を見直そう

春になると少し気温が高くなる日が増えるので、服装や食べ物、飲み物に変化が現れます。
冷たいものを飲みたくなったり薄着になったりと、冬から春にかけて変化が生じますが、春は寒暖差が激しい季節なので、できるだけ冬に続いて体を温める生活を送りたいですね。

飲み物は常温か温かいものを、食べ物では体を温める食材を選んでみましょう。
さらに春が旬の野菜を意識して摂取することで、体の冷えを取り除くことができ快適に過ごせます。

また、季節の変わり目は体が疲れやすい時期でもあるので、体調不良を感じる前に普段から質の良い睡眠を取り、疲れを溜め込まないようにしましょう。
自律神経の乱れは冷えをはじめ、さまざまな不調を招くので、乱れないように生活習慣には注意してください。

春の冷えと睡眠

そして、気温がちょうどよくなる頃なので、外でウォーキングやジョギングするのも快適です。
冬は寒すぎて運動ができなかったという人も、春の昼間は適度な暖かさを感じながら励むことができるでしょう。

冬から春になり、新しいことを始めたくなる季節です。ぜひ続けられそうな運動も生活の中に取り入れていくと、春の冷えを感じることなく健康的に過ごせるでしょう。

春の冷え改善は生活の中から!

夏や秋、冬は生活の中から考えてみると「冷えを感じる機会があるんだな」と理解しやすいです。
しかし、冷えとは関係のないように感じられる春も、冬の続きで体は冷えを感じやすく、服装や食事内容が少しずつ変わっていくために冷え性を招く場合があります。
春の冷えの理由を理解した上で、毎日の生活の中で実践できる対策を取っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。