妊活

妊婦さんのダイエット~妊娠中に体重が増えすぎてはいけない理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妊婦さんはお腹の赤ちゃんを元気に出産するために、妊娠中の期間を大事に過ごさないといけません。
特に、体重管理をきちんと行うことで、体型維持や病気の予防につながります。

最近では妊婦さん向けにおすすめのダイエット法も紹介されており、肥満を予防する動きが見られます。

では、なぜ妊婦さんは体重が増えすぎるとよくないのでしょうか?
その影響とおすすめのダイエット法を紹介します。

妊婦 体重 ダイエット

妊婦さんの体重が増えすぎてはいけない理由

妊婦さんの体重が増えすぎてはいけない理由には、どんなことが挙げられるのでしょうか?
以下を参考に、自分の体型や生活を振り返ってみましょう。

  • 妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まる
  • 肥満は微弱陣痛を起こしやすい
  • お母さん体重増加は赤ちゃんにも大きな影響を与える

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まる

妊婦さんであれば一度は聞いたことがあると思いますが、体重が増えていくと「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」にかかるリスクが高まっていきます。

妊娠高血圧症候群に関しては、体重が増加することでむくみや高血圧、タンパク尿といった症状が現れます。

妊娠糖尿病は、お母さんの体重が増えていく関係で、生まれてくる赤ちゃんの体重が4,000gを超える確率が高まるため、難産になりやすくなります。

肥満は微弱陣痛を起こしやすい

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、「微弱陣痛」という状態を引き起こしやすくなります。
この微弱陣痛とは、陣痛が始まっても痛みが弱く、陣痛の持続時間が長くなったり陣痛と陣痛との間隔が空いたりといった状態を指します。

いざ分娩というときに、なかなか進まず赤ちゃんが出てこられないという事態を招く恐れもあるため、体重管理を上手に行って微弱陣痛を予防するようにしたいですね。

お母さん体重増加は赤ちゃんにも大きな影響を与える

妊娠中の体重増加は、単にお母さんの体に負担をかけるだけではありません。
お腹の赤ちゃんにも大きな影響を及ぼすので、注意が必要です。

妊婦 ダイエット 赤ちゃん

お母さんが妊娠高血圧症候群を発症していると、生まれてくる赤ちゃんが発育不全などにより低出生体重児になる可能性があります。
また、子宮内胎児死亡といって、お母さんのお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまうという危険性も出てきます。

いつ何が起きるかわからない状態が続くので、そのようなリスクを避けるためにも妊娠中の体重管理は大切です。

妊娠高血圧症候群だけでなく、妊娠糖尿病も赤ちゃんに影響を及ぼします。
お母さんだけでなく赤ちゃんも高血糖になってしまい、4,000g以上の大きな赤ちゃんが産まれてくることがあります。

さらに、赤ちゃんには糖尿病による合併症のリスクも出てくるので、注意が必要になります。
合併症には、

  • 新生児低血糖症
  • 新生児低カルシウム血症
  • 新生児多血症
  • 先天奇形
  • 胎児発育遅延

などといったさまざまな病気が挙げられ、お母さんから赤ちゃんへの影響力は大きいことがわかります。

妊婦さんの体重管理におすすめのダイエット法

妊婦中、肥満になることでさまざまな危険が伴うので、日々の体重管理が大事であることがよく理解できます。

そこで、お腹が大きくなっても実践しやすいおすすめダイエット法を紹介しましょう。
体重管理を快適に続けるためにも、簡単に実践できるものばかりですよ。

  • 簡単に実践できる有酸素運動
  • 気持ちよく快適にできる水泳
  • 全身を動かすストレッチで体重コントロールを

簡単に実践できる有酸素運動

妊娠中は激しい運動や筋トレよりも、有酸素運動がおすすめです。

特に妊婦さんにとって続けやすいのが、ウォーキングです。
買い物や散歩がてら気軽に歩くことができ、外の空気を吸って景色を楽しみながら続けられるので、おすすめの運動となっています。

毎日のウォーキングを心がけるだけでも、体重管理はきちんとできます。
激しい運動は続かないという人も、妊娠中は極力体に負荷をかけないような有酸素運動を選びましょう。

気持ちよく快適にできる水泳

「マタニティスイミング」とも言われるほど、お腹が重たくなってきても快適に実践できる運動が、水泳です。

妊婦 ダイエット マタニティスイミング

お腹が大きくなるにつれて足腰にかかる負担が大きくなっていきますが、水中ではその負担を和らげながら全身運動ができるので、妊娠中の運動として適しています。
水中をゆっくり歩くだけでも運動になるので、泳ぐのが苦手な人も気軽に始めることができるでしょう。

全身を動かすストレッチで体重コントロールを

妊婦さんが体重管理をしていく上で、全身をバランスよく動かしてお腹の赤ちゃんに悪影響が出ないようにしないといけません。
そこで、全身を気持ちよく伸ばしながら実践できるストレッチを紹介します。

手足を伸ばす

床に手と膝をついて、四つん這いのポーズを取り、体の中心を安定させながら右腕を前に、左足を後ろに伸ばしていきましょう。
体と伸ばした手足が一直線になるよう、意識します。

その後、元の体勢に戻ったら、次は反対側を同様に行いましょう。
片側10回ほどが目安です。

お尻を上げて回す

お腹が大きくなるにつれて、お尻もだんだんと重たくなっていきます。
そこで、お尻のストレッチも取り入れてみましょう。

まず枕を使って、心臓より頭のほうが高くなるように仰向けになります。

次に膝を曲げて、かかとはしっかり床につけるようにしましょう。
腕は体に沿って伸ばしていきます。

その後、お尻を床から持ち上げて膝と肩が一直線になるところまで来たら、お尻を時計回りに8回くるくると回しましょう。

続いて反時計回りに同じく8回、回します。
これを1セットとし、3セットを目標にしてみましょう。

妊婦 ダイエット 運動

妊娠中は、赤ちゃんが育っていく関係で、お母さんの体にはさまざまな変化が現れます。
その中で上手に体重管理をしていくために、日常生活の中で手軽に続けられる運動を選んでみましょう。

まとめ

妊娠すると、日々の健康管理は欠かせません。
特に、体重増加による影響は、母体だけでなく赤ちゃんにも大きな影響を与えます。

体重が増えることで起きる可能性のある病気は数種類あるため、リスクを知った上で予防していくことが大切です。

有酸素運動の他に、全身を使ったストレッチもおすすめです。
どこかに偏った動きではなく、全身を使って実践できる運動を取り入れてみましょう。

そうすることで上手に体重のコントロールができるようになり、妊娠中も快適に過ごせるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。