更年期障害

更年期障害の症状・・・肩こりが起きる原因と改善法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

40代や50代、閉経を迎える頃に感じることの多い更年期障害に悩んでいる女性も多いでしょう。

更年期障害から現れる不調にはさまざまなものがあり、その1つに肩こりが挙げられます。

仕事柄肩こりを抱えている人も多く、更年期障害が現れることでさらに不調を感じてしまうこともあるでしょう。
そこで、肩こりを改善するために、筋膜に注目してみましょう。

更年期 肩こり

更年期障害の肩こり、なぜ起きる?

更年期障害によって起きる肩こりは、肩がずっしり重たくなったり肩の筋肉がカチコチに固まってしまっているという症状を感じます。
痛みが出るだけでなく、強張りやだるさを感じることもあるので、肩こりと一言にいっても人によって現れる症状が異なります。

この肩こりは、肩甲骨から首にかけての筋肉が緊張状態になり、血行が悪くなることで生じます。

更年期障害 肩こり 血行

血行が悪くなることで、乳酸と呼ばれる疲労物質が蓄積されていき、頭や肩のあたりが重たくなってきます。
筋肉が緊張状態に陥ることで、筋膜も硬くくっついたようになり癒着を起こします。
その結果、ますます筋肉は動かしにくくなり、肩こりで悩むようになるのです。

更年期障害を迎える頃は、筋肉や骨の機能が低下してくる時期でもあり、今まで感じなかった関節の痛みや肩こり、腰痛などに悩まされることが増えます。
さらに、自律神経のバランスも崩れがちになるので、ここから背骨周辺の血行が悪くなり、冷えてしまうと考えられます。

肩こりを改善するマッサージ例

更年期障害に抱えがちな肩こりは、血行不良によって症状がはっきりと現れることがあります。
肩こりがひどくて悩んでいる人は、血行不良を改善するマッサージを行ってみてください。

長時間同じ姿勢で作業をしていたり水分不足、ストレスなどによって、肩こりが起きてしまいます。
結果、筋肉が硬くなってしまい、コリや痛みなどを感じるようになります。

そんな硬くなった筋肉をほぐすことで、肩こりが解消され、体がスムーズに動くようになるでしょう
そこで、肩こりが生じている場合は、以下のような方法を試してみてください。

  • 猫背や肩こり解消におすすめのマッサージ
  • 首こりや肩こりにおすすめのマッサージ

猫背や肩こり解消におすすめのマッサージ

コリ固まってしまっている肩こりや猫背におすすめのマッサージは、以下のとおりです。

  1.  背筋を伸ばした状態で、椅子に座る。肩甲骨を前に押し出すようにして、両手を肩の高さで前に伸ばす。20秒数える。
  2. 肩の高さから腕を下げないように意識しながら、両肘を後ろに引いて20秒キープする。
  3. 肘の高さを保ったまま、両手の手のひらを前に向けるようにしながら肘から上を上にあげていく。このとき、腰が反らないように気をつけること。顎が上がらないように気をつけながら、20秒キープする。

首こりや肩こりにおすすめのマッサージ

続いて、肩こりだけでなく首のこりにも効果が期待できるマッサージをご紹介します。

  1. 立った状態で右腕を上に上げていき、肘を直角に曲げる。左腕は左肘を直角に曲げて、左手の甲を腰の後ろに当てる。
  2. 両肘を直角に保ったまま、両方の肩甲骨を反時計回りに回すように動かして20秒数える。
  3. 右足を左足の前に交差させて、右の脇を伸ばすようにしながら体を左に倒して20秒キープする。
  4. 鼻を左肩に近づけるようにして顔を向け、右肘が引っ張られないように注意しながら20秒キープする。

慣れてくると、どちらのマッサージも手軽にできる内容ではないでしょうか。
肩こりがひどくて治らないときや、首のこりも感じているときなどにぜひ試してみてください。

筋膜の癒着を改善することで肩こり改善に

更年期障害による肩こりは、筋膜の癒着によって起こることもあります。

筋膜の癒着によって生じる肩こりは、体のバランスが崩れやすくなる更年期障害を抱える年代において感じやすい症状です。
しかし、筋膜の癒着に注目して正しくケアすることで、肩こりの症状も徐々に改善されていくでしょう。

さらに、筋膜リリースを行う中で、肩こりが改善される以外の嬉しい効果も期待できます。

  • 内臓機能の向上
  • 血流が良くなるので冷え性改善に

内臓機能の向上

更年期障害 筋膜 内臓

全身に張り巡らされている筋膜の動きをスムーズにすることで、胃腸や肝臓といった内臓の機能が高まります。
臓器を覆っている筋肉と筋膜がつながっているので、筋膜の癒着を取り除くことで腸の動きが活発になる便秘解消になるなど、嬉しいメリットがあるのです。

少し不調に感じている部分がある際にも、筋膜の癒着を改善することで症状が良くなっていきます。

血流が良くなるので冷え性改善に

筋膜の癒着を剥がすと、血流が良くなっていきます。
コリや癒着が解消されることで、血管が圧迫されることから開放されます。
その結果、血管を通る血液の流れがスムーズになり、全身にしっかり血液を送り届けられるようになるのです。

更年期障害 血流 冷え性

肩こり解消のために筋膜の癒着を剥がすという点では、血流アップも嬉しいポイントとなります。
血行不良によっても肩こりは生じるので、筋膜のケアをしていくことで血流が改善されるのは嬉しいですよね。

まとめ

更年期障害は人によって感じる不調が異なるものの、日々のデスクワークなどによって肩こりの症状を感じる人が多いです。
肩こりが悪化すると、首こりや頭痛にも影響が出てくるので、早めに対処する必要があります。

肩こりについては、筋膜の癒着が原因の1つとして考えられるので、癒着をはがしていくことが重要となります。
筋膜の癒着が剥がれると、筋肉の動きもスムーズになるので、肩こりも解消さるでしょう。

更年期障害ではさまざまな不調に悩まされることがあるので、肩こりだけでも解消できるよう、筋膜に注目してみましょう。
毎日の生活の中で、適度に体を動かすと良いですが、忙しく過ごしている日々では難しいもの。
そこで、筋膜リリースなどを意識して実践しながら、肩こりの悩みを改善できるようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。