冷え対策

PCやスマホを使うと猫背になる? 姿勢を整えるための筋膜リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬は寒さを感じると、つい体に力が入ってしまいますよね。
パソコンを見ているとき、本を読んでいるとき、歩いているときなど、無意識のうちに体がこわばっている場合が多いでしょう。
このように、体に力が入り縮こまったようになってしまう冬は、気がつかないうちに姿勢が悪くなってしまいます。

そんな姿勢を改善するだけでも、体のコリや疲れはほぐすことができます。そこで、姿勢を改善する筋膜リリースで対策を始めましょう。

パソコンを使っていると姿勢が悪くなりがちです。

冬はなぜ姿勢が悪くなる?

冬、気がついたら縮こまるような体勢や猫背になっていませんか?
肩に上がった状態で力が入ってしまっていることもあります。では、なぜ冬は姿勢が悪くなるのでしょうか?

女性は冬に姿勢が悪くなりがちです私たちの体は、寒さを感じると体の中心部を温めようとします。中心部分を温めようとすると、自然と前かがみや猫背の体勢になってしまうのです。
また、冬場は自律神経が乱れやすくなる季節で、胃腸の働きが鈍くなります。お腹が冷えるなと感じる回数も増え、ここから姿勢が悪くなります。

人間は前面の筋力が強く、背面の筋力が弱いのです。
そのため、寒さで丸まった姿勢をとり続けていると、普段からPCやスマホを操作するために前かがみになっている姿勢が、もっと前かがみになってしまいます。
前面の筋力が背面の筋肉を引っ張る状態になるからです。

こうした状態への対策としては、肩甲骨や大腰筋の癒着を取り除いてあげること。つまり、前面の筋膜癒着をはがし、身体のバランスを取ることが大切なのです。

では、どのように筋膜癒着をはがしてあげればよいのでしょうか?
まずは自分で可能な筋膜リリースをご紹介します。

冬の姿勢改善は筋膜リリースで対処しよう!

冬の姿勢悪化は誰でも感じていることです。気をつけようと思っていても、まめに意識していないとまた元の姿勢に戻ってしまいます。
そこで、筋膜リリースを行って冬の姿勢改善を図りましょう。姿勢改善には、以下の筋膜リリースがおすすめです。

  • 猫背を改善する筋膜リリース
  • タオルを使った筋膜リリースで背中をほぐそう
  • 全身を使った筋膜リリース
  • 姿勢の悪さから感じやすい肩こりにおすすめの筋膜リリース

猫背を改善する筋膜リリース

この猫背を改善してくれる筋膜リリースは、椅子に座ってできるので、思い出したときに実践できる内容です。

  1. 椅子に座って、背中を丸めすぎないように注意しながら平泳ぎをするように、両手を前に出す。両方の肩甲骨ごと前に出すのがポイント。
  2. 両肘を肩の高さにキープしたまま、後ろに引き胸の前を20秒リリースします。あごは引いて、正面を見るようにしましょう。うつむくのはNGです。
  3. あごを引いたまま、両肘を肩より前にだし、両手のひらを前に向けるように肩甲骨を引き起こします。この状態で20秒キープします。腰が反ってしまわないように、お腹に力を入れて行いましょう。

やってみると肩まわりの筋肉がほぐれて、気持ちよくできる筋膜リリースです。
仕事の休憩中に、家でテレビを見ているときなどにも実践できます。

タオルを使った筋膜リリースで背中をほぐそう

姿勢を改善するためにはタオル懸垂がおすすめ冬場の姿勢は背中の筋肉が固まってしまっていることも影響しているんですね。
背中が固まって姿勢が悪くなると、背中部分にお肉もつきやすくなってしまいます。
そんなときはタオル懸垂で、筋膜の癒着を剥がしてあげましょう。

  1. 両手でタオルを持ち、頭の上に掲げます。
  2. 息を吐きながら首の後ろにゆっくりと腕を下ろしていきます。肩甲骨を寄せるようにするのがポイント。
  3. その状態で両腕を肩の上まで下ろしてきます。この時に、肩が上がったり腰が反らないように注意しましょう。
  4. 元の位置に戻し、②と③を10回繰り返します。タオルがピンと伸びるように持って、行うようにしましょう。普段の生活では伸ばすことの少ない背中の筋肉が伸びて、この筋膜リリースをしたあとはすっきりします。

全身を使った筋膜リリース

姿勢の悪さは上に紹介した2つの筋膜リリースだけでなく、全身を使ったものも効果的です。

  1. 片方の手をテーブルにつけます。
  2. テーブルに置いた側と反対側の足をテーブル側に向かって交差させます。この時に片方の手を上にまっすぐ伸ばします。この時に、両膝は前後でしっかりくっつけておいて、前に出している方の膝で床を押しながら手を伸ばすと良いです。
  3. まっすぐ上に伸ばした手を反対側に倒していき、体全体の側面を20秒間リリースします。これを左右3回ずつ行いましょう。左右でやりにくい方が出てくると思うので、そちらを重点的に行うと骨盤の位置も整い、正しい姿勢へとなります。

姿勢の悪さから感じやすい肩こりにおすすめの筋膜リリース

同じ姿勢を続けていると、いつの間にか肩がパンパンになっていることが多いでしょう。
そんな肩こりを改善する筋膜リリースをご紹介します。

  1. 椅子に座って背筋を伸ばします。
  2. 両手を前で交差させて反対側の肘を掴みましょう。
  3. この状態のまま、両腕を斜め下方向につき出して10秒間静止します。腕と肩甲骨が前に行くようにするのがポイントです。腰や背中が丸まってしまわないように気をつけましょう。
  4. 次に肘を肩の高さまで持ち上げて、前の方向に肩甲骨をつき出すようにして10秒間止めます。
  5. 肩甲骨を後ろに引いて10秒間止めます。
  6. 最後に、斜め下と斜め上それぞれの方向へ肩甲骨を突き出すようにして、10秒静止します。

この手順を1セットとし、1日3セットを目安に行いましょう。肩甲骨がほぐれて、ひどい肩こりからも開放されます。

肩甲骨にフォーカスすると肩こりが解消されます

筋膜リリースには様々な方法があり、多くのメディアでも紹介されています。
ただし、注意したいのは「ひとつの部位だけ筋膜リリースを行うと、体のバランスが崩れてしまう」ということ。
お悩みの箇所も、癒着した筋膜を剥がすことでケアできますが、同時に他の部位もケアしていなかいといけません。
もし筋膜リリースに興味がある方は、ぜひ専門家にお問い合わせください。

冬に姿勢が悪くなったときは日常生活から改善を!

冬は寒さから体に力が入り、丸まったような悪い姿勢になってしまいます。
悪い姿勢は体の不調を招きます。肩こりや骨盤のずれ、頭痛などの症状は、姿勢の悪さから改善していきましょう。
姿勢が良くなると体の調子が整うだけでなく、見た目の印象も変わるので、ぜひ筋膜リリースも試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。