体質改善

「美容の大敵!ストレートネック…」体に及ぼす影響と3つの改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「美容の大敵!ストレートネック」血流低下を引き起こす

私のサロンにお越しいただくお客様のお悩みで非常に多い!
「ストレートネック」
インターネットや週刊誌でも特集記事を見かけますが、
「ストレートネック」は現代病化していると思います。

「ストレートネック」を引き起こす原因は
不良姿勢・筋力の低下など…
ここでお伝えするのは
ストレートネックが体に及ぼす影響と
3つの改善方法です。

ストレートネックとは?

頚椎の生理的前湾角度 30度以下の首の状態をいいます。
正常な人の首の前湾角度は 30~40度です。
うつむき姿勢になることが多い現代人は ストレートネックになりやすい

首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉ですので、病名ではありません。

ストレートネックの原因は不良姿勢

近年「ストレートネック」がテレビやインターネット、雑誌などに
取り上げられています。
なぜ「ストレートネック」を引き起こしてしまうのか?
大きな原因をお伝えします。

今私たちの生活に欠かすことのできない「スマホ」「パソコン」
電車の中でもほとんどの方が「スマホ」を見ています。
首を下に向けずっと俯いた状態で…
かなり首から腰に負担がかかります。
長時間この姿勢を続けていると、どうなるでしょう?
首から肩のこりが起こり、背中にもダメージが及びます。

そして腰の痛みも出始めてしまいます。
不良姿勢を改善するには
筋膜癒着を剥がし筋肉の可動域をあげることが
最大のポイントになります。

ストレートネックが体に及ぼす影響

「ストレートネック」と聞くと、単に首だけの問題だと思いませんか?
実は首は背骨〜仙骨と繋がっています。
首を下に向けると、背骨〜仙骨・肩甲骨が引っ張られます。
腰椎の前弯が強すぎるからです。
体の前面にある、小胸筋・前鋸筋は縮んで行きます。
そして筋膜癒着がどんどん進んでいくのです。
この状態が体に及ぼす影響は…

血流低下

ストレートネックは首だけの問題ではなく、
血流低下という現象も引き起こします。
これは筋膜癒着により、血流の確保が難しくなるからです。
血流の確保が難しくなると
体にも影響が出ます。

  • 内臓機能の低下
  • 代謝の低下
  • 疲れやすい

● 内臓機能の低下

血流低下により、内臓の機能が低下します。
特に肝機能が低下します。
それにより、「冷え」「むくみ」を引き起こしてしまいます。 

● 代謝の低下

血流の低下により内臓機能が低下すると
「代謝の低下」も起こります。
40代50代の方が、痩せにくくなる原因でもあります。

● 疲れやすい

血流が低下すると、体に酸素が行き渡りにくくなります。
酸欠状態に陥ってしまうのです。
先にお伝えした肝機能低下と筋肉の質が落ちてしまいます。
それが「だるい」「疲れが抜けない」といった状態になってしまうのです。

ストレートネックによる体の不調を改善する3つの提案

ストレートネックでもきちんと体をメンテナンスすれば
不調を感じることは少なくなるでしょう。
では、どうすればいいのか?
3つの提案をお伝えします。
その前に…
筋膜と筋膜癒着について、少しお話いたします。

筋膜と筋膜癒着とは

筋膜は浅い部分の筋膜と深い部分の筋膜があります。
筋膜は筋肉を包み込む薄い膜です。
みかんの果肉を包む袋を想像してください。
この筋膜が筋肉にぴっちり張り付いてしまうのが
筋膜癒着です。
筋膜癒着が起こると、筋肉の可動域が制限されてしまいます。
それにより、コリ・腰痛・不良姿勢など
体に様々な不快な症状を引き起こします。
ストレートネックによる体の不調を改善するためには…

  • 仙骨周りの筋膜癒着を取り除く
  • 肩甲骨の筋膜癒着を取り除く
  • 小胸筋の筋膜癒着を取り除く

● 仙骨周りの筋膜癒着を取り除く

先にお伝えしたように、ストレートネックは首だけの問題ではありません。 背骨〜仙骨も繋がっています。
前弯の引っ張りが強く骨盤のポジションがズレてしまいます。
筋膜癒着を丁寧に剥がし可動域を広げ
ズレたポジションをフラットに戻していくことが大切です。

● 肩甲骨の筋膜癒着を取り除く

スマホをみて俯くと、首から僧帽筋が引っ張られます。
そこには肩甲骨があります。
同じ姿勢が続くと、筋肉はこり固まり
肩甲骨周りにある毛細血管も流れが悪くなってしまいます。
そして凝りや痛みを感じ、動かしにくくなります。
筋膜癒着を丁寧に剥がし、肩甲骨周りの血流を
あげることが非常に大切です。

 

● 小胸筋の筋膜癒着を取り除く

ストレートネックは背中側だけでなく、
腕の付け根から大胸筋の下にある
小胸筋の筋膜癒着を取り除くことは非常に重要です。
小胸筋の筋膜癒着は肩甲骨を前側から引っ張る状態を作ります。
これが、猫背や巻き肩を引き起こします。
そして小胸筋の下には、心臓に続く血管があります。
女性は乳腺もあります。
筋膜癒着が起こると上からの圧迫を受け
流れが悪くなるのです。

ストレートネックと上手に付き合うために

年齢を重ねると筋力も衰えてきます。
「ストレートネック」の症状は首だけでなく
腰痛・頭痛・肩こりなど
体に不快な症状を感じてしまいますね。
そのために、日々の生活で腹筋・背筋を使えるよう
不良姿勢を改善する意識を持つことが非常に大切です。
そして、カラダのプロの寄り添ってもらい
自分のカラダの状態を把握し前向きに変えることが
重要なポイントです。

 

まとめ

「ストレートネック」でお悩みの方が多い昨今。
それとともに、腰痛・代謝が落ちて「痩せない…」など
女性の体に不調と不快感をもたらします。
私のサロンでも、このようにお悩みの方が非常に多いです。
みなさんにお伝えするのは…
瞬間的にカラダの楽さを求めるのではなく
根本から向き合い、体の前向きに変えていく事。
自分の体は自分しかわからないのです。
ですから、体のプロと二人三脚で
今の状態がマイナスなら、ひとまずゼロに戻し
そこからプラスに持っていく事。
一病息災という言葉がありますが、
まさに一病があったから
自分の体と向きあうタイミングを得ることが
できるのかもしれませんね。
女性のキレイは、健康あってこそ!と
私は考えています。
瞬間的なキレイではなく
歳を重ねるごとに健康でキレイになっていく
女性が増えていきますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。