体質改善

顔のたるみ=老化ではない?見た目年齢マイナス10歳になる5つの解消方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

筋膜癒着を剥がすことで顔のたるみは解消できる!!

35歳を過ぎると気になる顔のたるみ…
原因を知っていますか?

あるお客様がこんな風に話していました。
「テレビや雑誌に出ている女優さんやモデルさんは
なぜ歳を重ねても顔のたるみがほとんどないんだろう?」
「肌だってツヤツヤだし、50歳を過ぎても綺麗な女優さんを見ると 
 何をやっているのか?知りたくなります!」と…

これは予想ですが、
きちんとケアされていらっしゃると思います。
人間は老化により筋肉の緩み=下垂が起こります。
女優さんやモデルさんは、きっと見えない努力をされて
美しさを維持されていらっしゃると思います。

顔のたるみが引き起こす変化は…
「首のシワ」
「くっきり深いほうれい線」
「目の下のたるみ」
「二重アゴ」
「落ちてきそうな頬」
「薄茶色のくすんだ肌」
「シワが目立つおでこ」

なぜ、顔はたるんでしまうのか?
5の原因と5の解消方法をお伝えします。

ほうれい線くっきり!顔がたるむ5の原因

● 姿勢の悪さ
● 頭部の筋膜癒着
● 表情筋の衰え
● 急激なダイエットと栄養不足
● 噛み合わせの悪さ

顔のたるみは、顔だけの問題ではありません。
体は一枚の皮膚で覆われています。
どこかが下に引っ張られると下垂という状態が起こります。
それが顔のたるみに影響しています。
歳を重ねたことによる老化で起こるだけではなく
自分の生活習慣や癖により、20代でも顔がたるむ!と
いう現象が起こります。

なぜ姿勢の悪さが原因なのか?

姿勢の悪さ・頭蓋骨の活性化・表情筋のストレッチ筋膜が大きく関係しています。
私たちの体は、骨〜筋肉〜皮膚で形成されています。
顔も頭も筋肉があり筋膜があります。
筋膜癒着が起こることで、可動域が制限されてしまいます。
可動域の制限を解放することで柔軟が筋肉の動きを取り戻せます。
顔のたるみ=筋膜の癒着が一番大きな原因なのです。

なぜ頭部の筋膜癒着が原因なのか?

実は・・・顔のたるみは顔だけの原因ではありません。
顔のたるみと頭部は非常に大きな関係があります。
血流が悪くなった頭皮は硬くなります。
血流が悪くなると筋膜癒着が加速していきます。
頭皮の筋膜癒着が加速すると、筋肉の可動域が悪くなり
顔の筋肉も可動域が悪くなっていきます。
それにより顔のたるみという現象が起こります。

なぜ表情筋の衰えが原因なのか?

私たちの顔と頭には30対以上の筋肉があります。
表情筋を使わないと筋肉は衰えます。
笑うと目尻のシワが増えるから・・・
しかめっ面をすると眉間のシワができるから・・・
シワができるから動かさないでは
余計にシワが増え、顔もたるんでしまいます。
顔のたるみは肌だけの問題ではなく、
その下にある筋肉の筋膜癒着が原因なのです。

なぜ急激なダイエットと栄養不足が原因なのか?

私たちの体は食べ物で作られています。
骨も筋肉も血液も…そして肌も栄養状態が反映されます。
食べないダイエット・代替え食品ダイエット…

栄養の偏り・栄養不足が引き起こす悲惨な結果
それが肌に反映され、たるみ・くすみ・シワ

血色の悪い顔となっていくのです。
そして体を動かすための筋肉がやせ細っていきます。
やせ細った筋肉の筋膜はぴったり張り付き
ひどい筋膜癒着を引き起こしてしまいます。

なぜ噛み合わせの悪さが原因なのか?

顔のたるみは歯の噛み合わせとも関係があります。
噛み合わせが悪いと顔が歪みます。
歪みの原因は咀嚼するとき使う筋肉の偏り(片方だけで噛む)。
顔が歪みは顔のたるみを加速させます。
そして噛み合わせの悪さで正しい筋肉の使い方が
できないため筋膜癒着を引き起こし
どんどん顔の歪みとたるみが加速していきます。

頬の位置が7ミリ高くなる!顔のたるみを解消する5つの方法

「お化粧するとき鏡を見るのが嫌になる!」
こんな気持ちになったことはありませんか?
40代後半から感じることがあるかもしれません。
たるんだ自分の顔=自分の生活習慣や癖・栄養状態
作ってきたのです。
ここでは、顔のたるみを解消する5つの方法をお伝えします。

● 首から下の筋膜癒着を剥がす
● 頭部の筋膜癒着を剥がす
● 表情筋をストレッチ
● バランスの良い食事
● 噛み合わせを調整する

首から下の筋膜癒着を剥がす

猫背になると顎が前に突き出してしまいます。
そして体の前面は下に下に引っ張られていきます。
原因は広頚筋が下に引っ張ってしまうからです。
その状態が長く続くと、顔のたるみは加速します。
それが40代後半で顔がたるむ!の原因を作っているのです。
姿勢の悪さを解消して、顔のたるみを防ぐには

 

● 広頚筋の筋膜癒着を剥がす

● 広頚筋の筋膜癒着を剥がすメリット

広頚筋は下顎から胸部に広がっています。
広頚筋の筋膜癒着が顎から首〜胸元までのたるみに影響します。
筋膜を剥がし可動域をあげるだけで、二重アゴと顔のたるみは
70%解消すると言ってもいいでしょう。
上を見上げる動作を一日3回10秒/3セットのストレッチをオススメします。
*首の皮膚がピンと伸びるように顎を天井につけるメージで!

頭部の筋膜癒着を剥がす

顔と頭は皮膚で繋がっています。
顔のたるみが気になり、高い化粧品を使っても
瞬間は顔のたるみが無くなるかもしれません。
しかし頭部の筋膜癒着を剥がすことで、
高い化粧品の効果と相乗効果でほぼ89%たるみ解消に
効果があるでしょう。

 頭部の筋膜癒着を剥がして
● 古い血液を流す
● 頭蓋骨の歪みを正して脳脊髄液の流れを正常化
● 首・頚部の硬結をとり、頭部の虚血を改善

顔のたるみでお悩みの方は、頭皮がスムーズに動くかどうか?
両手で頭を包み込むように抑え、上下に動かしてみてください。

いかがでしょうか?眉毛が大きく上下しますか?
動きの幅が小さければ、筋膜癒着が起こっている可能性があります。

表情筋をストレッチ

私たちが歩く・座る・走る・文字を書く・目を動かす…
普段何気なく行なっている行動は全て
筋肉が大きな働きをしています。
顔がたるむ…顔も筋肉で構成されています。
肌だけ一生懸命にお手入れしても
表面だけの解決策です。
肌の下にある筋膜癒着を剥がして
可動域を広げてあげることが大切です。
筋膜癒着がひどくなると可動域は狭まり
顔のたるみもシワも加速していきます。
簡単な表情筋のストレッチは・・・

● あいうえお と顔の筋肉全体を使い大きな口を開ける
● 目をぎゅっと閉じて大きく見開く(眉毛が上にあがるくらい開ける)
● 風船を膨らませるように頬に空気をためる5秒、次に頬が凹むくらいすぼめる(おちょぼ口状態)

とても簡単なので、お仕事の合間・家事の合間・テレビをみながら試してみてください。

バランスの良い食事

私たちの体を作っているのは食べ物です。
20代で無理なダイエットを3ヶ月間続けて急激に15キロ痩せたことがある
お客様がご来店されたことがあります。
生理も止まってしまったそうです。
その後、貧血・自律神経のバランスを崩し
ダイエットをやめたそうです。
その時、鏡を見て驚いたそうです。
20代なのに顔にはくっきりとほうれい線が入り
とても疲れた、老けた顔だったそうです。

無理なダイエットや偏った食事は
体全体をマイナスに向けてしまいます。
お肌もツヤや透明感がなくなり、弾けるような弾力さえ
なくなってしまいます。
太るから・・・痩せたいから・・・と
単品の食材しか食べなかったり、代替えダイエット食品だけだったり
その時は「痩せる!」という目標があるので
頑張れると思います。
しかし数ヶ月後、数年後・・・
あなたの体と肌に大きな異変が起こってしまうかもしれません。
顔のたるみはを解消したければ、体に必要な栄養
しっかり摂取しすることが大切です。
そしてお水も一日2リットルは摂取しましょう。
栄養をしっかり体に摂取するからこそ
柔軟な密度の濃い筋肉が作られ、柔軟な筋膜を作るのです。
柔軟な密度の濃い筋肉は、
内側から肌のつや・張りをもたらします。

噛み合わせを調整する

噛み合わせの悪さが顔のたるみに影響するのを
私は実体験しました。
実体験したからこそお伝えできます。
奥歯がきちんと噛み合わない…
食事を食べる時片側でしか噛めない…
思いあたらる方は、歯医者さんで噛み合わせを見てもらうといいでしょう。
噛み合わせを調整しながら、筋膜癒着も剥がしていくと
変化の速度はとても早くなります。

まとめ

顔のたるみ=老化ではありません。
生活習慣・食事・姿勢・血流の悪さなど
体を作る行為全てが影響してきます。
20代でも猫背や姿勢の悪さで、顔はたるみます。
50代でもほとんど顔のたるみがなく肌にツヤのある方も
いらっしゃいます。
どんなに高い化粧品を使っても
根本的な自分自身の体を、いい状態に持って行かなければ
瞬間的に顔のたるみがなくなるだけです。
私のサロンにお通いただいてるお客様がよくおっしゃっています。
「明日が綺麗じゃなくて、未来の綺麗を作るために通っています。」
「ほんの僅かな瞬間、顔のたるみが解消するのではなく
歳を重ねるごとに女性としての魅力に溢れたいと
いつも思っているのです。」
女性の50代60代は、内面からの豊かさも加わり
円熟した魅力に溢れる年代です。
そうなるには10代20代の過ごし方
30代40代の心と体の向き合い方が
大きく関係してきます。
顔のたるみは外見だけでなく心もたるませてしまいます。
幾つになっても変えることはできます。
今の自分を外側と内側から輝かせるのは
自分次第ということを忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。