自律神経改

夏から秋へ季節の変わり目に自律神経が乱れやすい原因と対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏から秋といった季節の変わり目には、自律神経が乱れやすくなります。

気温や天候、日々の生活などが影響して乱れてしまう自律神経、上手に整えていくことで秋をより健康的に過ごせるようになります。

そこで、ここでは夏から秋にかけて自律神経が乱れやすくなる原因とその対策法をご紹介していきます。

自律神経 季節の変わり目

夏から秋、自律神経が乱れやすい原因は?

夏から秋にかけて、なぜ自律神経が乱れやすくなるのでしょうか?
まずは、原因から見てみましょう。

  • 夏の冷たい飲み物や冷房
  • 激しくなる気温差
  • 胃腸の疲れは自律神経に直結する

夏の冷たい飲み物や冷房

ここ数年の夏は、異常な暑さとまで言われる猛暑になっています。

冷房なくしては過ごせないほどの暑さで、夜間もつけっぱなしという人が多いでしょう。
さらに、少しでも体で感じる暑さを和らげるために、冷たいものを食べる機会が増えます。

このような生活を夏の間続けていることで、秋バテ状態を招きます。
夏の延長で冷たい飲み物を飲んだり、体を冷やす食べ物ばかり食べていると体は冷え切ってしまい、自律神経に支障が出ます。

夏の過ごし方が秋に大きな影響を与えるのです。

激しくなる気温差

秋バテの原因は体の疲れと気温差と言われており、自律神経も大きな影響を受けます。
温度差が激しくなればなるほど自律神経は乱れやすくなるため、暑い夏から朝晩が急に冷える秋に入り、体のバランスは崩れていきやすいです。

朝晩はひんやりとしますが、日中はまだまだ暑い日が続く秋は、気温差によって体が疲れてしまいます。

夜ぐっすりと眠れているようで、体には疲労が溜まっているでしょう。
この気温差にも注意しながら過ごすことが、自律神経のバランス改善に効果的です。

胃腸の疲れは自律神経に直結する

自律神経 季節の変わり目 胃腸

夏に冷たいものばかり摂取していると、秋になる頃には体がだるく感じたり、引き続き冷たいものを食べたくなったりします。
このような生活が続くと、胃腸にも大きな負担がかかり疲れを溜め込んでしまいます。
さらに、体の中はどんどん冷え切ってしまいます。

腸は免疫力と深く関わる部位でもあり、夏の冷たいものによって腸が冷え、胃腸は疲れを感じているでしょう。
胃腸が疲れていると、自律神経にも乱れが生じます。
秋になって食欲不振や胃もたれ、便秘、下痢といった不調を感じることが増えたら、自律神経が乱れているサインと思って良いでしょう。

自律神経を整えるためにできる対策法について

自律神経の乱れは、夏の過ごし方から秋ならではの気候なども影響し生じます。
そこで、自律神経を整えて、秋を元気に過ごすために対策を取っていきましょう。

日常生活の中で小さなことに気をつけるだけでも自律神経を整えることが出来るので、ぜひ実践してみてください。

  • 体を温める食材を食べよう
  • 質の良い睡眠は欠かせない
  • 朝食はしっかり食べよう
  • 手軽にできる有酸素運動を始めてみよう

体を温める食材を食べよう

夏の間、知らないうちに体の中は冷え切ってしまっています。
そこで、体を温める食材を夏の終わりごろから取り入れてみましょう。

生姜を料理に活用する、香辛料やスパイスを使った料理を作るなどして、食事から体を温めていくように心がけましょう。

また、普段飲む飲み物を常温かホットに変えるだけでも体を温めることができます。

自律神経 季節の変わり目 飲み物

氷をたくさん入れた冷たい飲み物を避けることで、冷えを取り除くことができ、自律神経を整えることができます。

朝晩が涼しくなる秋には、温かいものを意識して摂ってみましょう。

質の良い睡眠は欠かせない

自律神経のバランスは、季節の変わり目には崩れやすいです。
特に、夏から秋にかけては気候や気温が急変するので、体が追いついていきません。

そこで、体に負担をかけないためにも、規則正しい生活を心がけながら質の良い睡眠を取るようにしたいです。

疲れが溜まりやすいこの時期には、質の良い睡眠が欠かせません。
日付が変わるまでには眠りにつくようにし、睡眠時間は7時間ほどを確保しましょう。

寝室を眠りやすい明かりにする、アロマオイルを焚いてリラックスできる空間にするといった方法もおすすめです。
さらに、眠る少し前に温かい飲み物を飲んで、ほっと一息つくのも効果的です。

夏よりは眠りやすい環境に変わっていくので、質の良い睡眠を取れるよう対策を取ってみましょう。

朝食はしっかり食べよう

秋になると朝が涼しくて快適なので、出かける直前まで寝ていたいと思う人が増えるでしょう。
しかし、自律神経を整えていくには、毎日の朝食が大切な役割を持っています。

朝食は寝ている間に下がってしまった体温を上げて、自律神経を整えるために欠かせません。
一日のエネルギーの元にもなるので、朝食はバランスよくしっかり食べていくようにしましょう。

自律神経 季節の変わり目 朝食

和食なら、味噌汁にご飯、卵焼きや焼き魚といったシンプルなメニューがおすすめです。
味噌汁に野菜を多めに入れると、朝からたっぷり野菜を摂取することができます。

また、パン食にするのなら、パンの他に温野菜や野菜スープなど、体を温めるメニューも取り入れるとよいです。
デザートに果物を食べて、気分をすっきりさせるのもおすすめです。

朝食1つで自律神経のバランスも大きく左右されるので、秋を快適に過ごすためにもしっかり食べていきましょう。

手軽にできる有酸素運動を始めてみよう

夏の間は、外で運動するのは危険です。
そのため、どうしても運動不足になりやすいですね。

そこで、自律神経を整えていくためにも、秋には手軽にできる有酸素運動を始めてみましょう。
激しい運動ではなく、長くゆったりと続けられる運動がおすすめです。

自律神経 季節の変わり目 運動

水泳やウォーキング、縄跳びなどは手軽に実践できる運動になり、全身を動かすので体が軽くなります。
ウォーキングは秋の景色を楽しみながら続けられますし、縄跳びなら自宅でできます。

楽しく体を動かせる運動を見つけて続けることで、自律神経を整えていくことができるでしょう。

秋に向けて生活を正していきましょう!

夏から秋の季節の変わり目には、体が疲れを感じやすいことから自律神経にも乱れが生じます。
原因は、気候や夏の過ごし方などさまざまなことが関係しており、秋に向けて生活を正していくことで自律神経を整えることが可能です。

今の生活を見直しながら、運動や食事、睡眠などに注意して過ごし、秋を元気に過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。