更年期障害

「ホットフラッシュ」とは? 夏の汗・・・原因は更年期障害!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏は厳しい暑さから、毎日たくさん汗をかくようになります。
汗の量は人それぞれですが、夏に異常な汗をかくとき、それは更年期障害が関係しているかもしれません。

そんな夏の汗と更年期障害の関係をご説明します。

ホットフラッシュ,更年期障害

 

夏の汗・・・原因は更年期障害?

夏に急に汗をかく、外が暑いから汗をかいたのかな・・・と思って、そのまま過ごしがちではないですか?
女性の40代、50代といった年代は、更年期障害によって急に汗をかいているかもしれません。

なぜ更年期障害から汗をかくことがあるのでしょうか?

更年期障害における急な発汗を「ホットフラッシュ」と呼びます。
ホットフラッシュの症状には、以下のようなものがあります。

  • いきなり大量の汗が出る
  • 気温や室温関係なく汗をかく

特に上半身において急な発汗を感じることが増え、暑い季節には「外の気温のせいかな?」と思ってしまいがちです。

こうしたホットフラッシュの症状は、女性ホルモンの減少によって自律神経のバランスに崩れが生じることが原因とも言われています。
交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、暑くないのに汗をかいたり、いきなり汗が出てくるようになるのです。

ホットフラッシュ 更年期障害 自律神経

また、ホットフラッシュは単に自律神経の乱れだけでなく、ストレスが原因で起きているかもしれません。
更年期障害によってさまざまな不調に悩まされるようになり、気持ちの面でイライラしてストレスを溜め込んでしまうこともあります。

このように、悪循環に陥りやすい更年期障害においてはホットフラッシュとして汗をかくことがあるので、暑い時期の発汗と断定せずに様子を見ておきましょう。

ホットフラッシュの予防と対策

更年期障害特有の症状であるホットフラッシュは、日頃から予防を行ない、症状が現れた時には適切に対処するようにしておきましょう。
そこで、ホットフラッシュの予防法と対策を紹介します。

  • ストレスを溜めずにのんびり過ごす時間を作る
  • 突然の汗を抑えたい時にはツボを刺激してみよう
  • ココア豆乳を飲んで汗をストップ
  • 漢方を利用してみよう

ストレスを溜めずにのんびり過ごす時間を作る

ストレスを溜めていると自律神経にも乱れが生じるので、ホットフラッシュのような症状が現れやすくなります。
そこで、ストレスを溜めずにのんびり過ごす時間を作りましょう。

更年期障害を迎える頃は子どものことや家庭のことなど、不安に感じることが多々出てきます。
そんな中で少しでもゆとりを持って過ごせるように、適度に息抜きをしながらリラックスを心がけましょう。

  • 友達と美味しいランチやスイーツを食べに行っておしゃべりを楽しむ
  • 親しい友人や母親と旅行に出かける
  • ネイルなどのおしゃれを楽しむ
  • エステのマッサージで全身をリラックスさせる

といったような過ごし方がおすすめです。

ホットフラッシュ 更年期障害 エステ

毎日忙しく過ごしている中で、たまに息抜きできる時間を作ることで、更年期障害による不調とも上手に向き合えるようになるでしょう。

突然の汗を抑えたい時にはツボを刺激してみよう

出先で急に汗が止まらなくなった、人と会うので汗を止めたい、といった場合は焦ることもありますよね。
更年期障害を迎えている体では、いつ訪れてもおかしくないホットフラッシュ。
「今、汗をかくのは困る・・・」という時もあるでしょう。
そんな時は、以下のツボを刺激して汗を止めてみましょう。

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の付け根部分にあるツボ。刺激すると適度な痛みを感じる部位になります。
いつでも刺激できるツボですので、急な汗で困っている時もさりげなく押してみましょう。

合谷は、急な汗を止める以外にさまざまな健康効果が期待できるので、日頃から刺激しておくことで健康を維持できます。

ホットフラッシュ 更年期障害 ツボ

百会(ひゃくえ)

合谷に引き続き、有名なツボ。頭のてっぺんに位置するツボであり、自律神経の乱れを改善してくれます。
この百会を適度に刺激すると、汗が徐々に落ち着いてくるでしょう。

ココア豆乳を飲んで汗をストップ

更年期障害による発汗は、日々の食べ物でも改善できます。

なかでも手軽に作れて大きな効果が期待できるとされているのが、ココア豆乳です。
ココアは冷え性改善にも良く、テオブロミンという成分が自律神経のバランスを整えてくれます。
さらに、このココアに女性ホルモンと似た働きをする豆乳を加えることで、更年期ならではの症状を改善してくれます。

ココア豆乳は手作りすることも可能ですし、市販のものも存在します。
夏はアイスで、冬はホットで飲んでも美味しい飲み物なので、更年期障害で悩んでいる時にはぜひ飲んでみてください。

漢方を利用してみよう

更年期障害の不調で悩んでいるときに、病院で処方された薬は長期間飲んでいて大丈夫なのか、不安になることがあります。

そんな時にも安心して利用できるのが、漢方薬です。
自然由来の成分からできているため、大きな副作用を感じることなく飲み続けられます。

更年期における急な発汗、ホットフラッシュについては以下の漢方薬がおすすめです。

  • 温清飲(うんせいいん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)

近くの漢方薬局で更年期特有の症状を伝えることで、専門家がぴったりなものを見つけ出してくれます。
体に安全な薬を利用して、症状の緩和を図るという方法も更年期対策の1つなので、上手に活用しましょう。

ホットフラッシュ 更年期障害 漢方

ご紹介した漢方薬は単に発汗やのぼせを抑えるだけでなく、肩こり解消や精神安定効果、頭痛や不眠対策など、幅広く活用できるものが多いです。
急な発汗以外に更年期の症状は現れていないか、自分の体と向き合いながらよりぴったりな漢方薬を飲んでみましょう。

もしホットフラッシュの症状を感じたら・・・

夏は、厳しい暑さから誰しもたくさんの汗をかきます。

しかし、暑いところではなく冷房のきいた部屋にいるのに急に汗をかく、体のだるさやイライラも現れているといった症状が見られたら、それは更年期障害によるホットフラッシュの可能性があるかもしれません。

ある程度の年代に差し掛かると訪れる更年期、人によって現れる症状はさまざまですが、毎日快適に過ごすために、予防法や対策を実践してみてください。

そして、更年期に負けずに元気に過ごせる日が続くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。