体質改善

女性の糖尿病・・・その原因と対策は? 筋膜リリースは効果がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖尿病といえば、現代人がかかりやすい生活習慣病の1つとされています。

年々増加傾向にある糖尿病、男性に多いイメージがありますが、女性で発症する人も増えています。
そこで、女性が糖尿病になる原因とその対策について紹介しましょう。

対策の1つに、今話題の筋膜リリースがあることも触れていきます。

女性 糖尿病 筋膜

女性も糖尿病に!? その原因と症状

近年増加傾向にある女性の糖尿病、年代で見ると50代以降の女性に多くなっています。

血糖値を下げるために必要なインスリンは、女性ホルモンであるエストロゲンとも密接に関係しています。
このエストロゲンが閉経によって分泌量が減少してしまう関係で、血糖値をうまく下げられなくなってしまうことがあります。

このような仕組みから、閉経を迎えた50代以降の女性において糖尿病が増えているようです。

なかなか自覚症状が現れにくいとされている糖尿病、気がついたときには病状が進行していることもあります。
そんな中、女性の糖尿病においては、初期症状が見られることがあるので、それを見逃さないようにしましょう。

以下の症状を感じたら、糖尿病を疑ってみる必要があります。

デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンがかゆくなるというのは、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

生理前後の敏感になっている時期にかゆみが生じる、夏場汗をかいて蒸れる関係でかゆくなるなどの症状は、多くの人が体験しているでしょう。 

糖尿病 デリケートゾーン かゆみ

そんな中、糖尿病を発症している場合は、デリケートゾーンにおいて強いかゆみが発生するといいます。
毎日お風呂できれいに洗っているのに、いきなりかゆくなる、いつまで経ってもかゆみが取れないという症状を抱えがちです。

糖尿病を発症することで体の抵抗力が弱まり、肌が乾燥しやすくなったり感染症にかかりやすくなります。
その結果、今までとは違う強いかゆみをデリケートゾーンで感じることがあるのです。

このような異変を感じたら、糖尿病を疑ってみましょう。

糖尿病を改善していくための対策:運動編

女性で急増中の糖尿病、一度発症すると長く付き合っていかなければならない病気です。
糖尿病を発症したら、それ以上症状が悪化しないように、日々の生活を見直していく必要があります。

糖尿病を改善していく上で欠かせないのが、運動です。
運動不足の状態が続くと、体は肥満になりやすくなり、ますます糖尿病の症状が悪化します。
そこで、自分で続けやすく楽しめる運動を選んでみましょう。

糖尿病 運動 ウォーキング

全身を使った有酸素運動として定番となっているのが、ウォーキングやジョギング、水泳などでしょう。
ただし、運動をするだけでは筋肉の状態はなかなか改善されません。
そこで筋膜の癒着をはがすための「筋膜リリース」が必要になってきます。

筋膜リリースとは?

まずは、自宅で手軽にできる全身を使った筋膜リリースをご紹介します。

L字型筋膜リリースで全身すっきり

体の縦方向の筋膜をリリースしていく「L字型筋膜リリース」では、体を前に傾けた状態でダイニングテーブルなどに両手をつけて体重を乗せていきます。
両足が筒のように伸びるよう、意識しましょう。

腕を伸ばしている方向に上半身だけでなく、お尻も伸ばしていくようにするのがポイントです。
30秒間この状態で静止したら、元に戻して、これを3回繰り返します。

普段伸ばさない部分が伸びて、体がすっきりとする感じも得られるでしょう。

肩甲骨を伸ばしてリフレッシュ

肩甲骨というと、肩こりを感じたり、あまり動かさない部位なのでコリが溜まりやすいですよね。

糖尿病 筋膜 肩甲骨

肩甲骨周辺の筋膜の癒着をはがすと、体がほぐれて気分もリフレッシュできるでしょう。
まずは以下の方法で、肩甲骨を伸ばしてみてください。

  1. 肩幅くらいに足を開いて立つ。
  2. 右腕を後頭部に、左腕は背中に回し、両腕とも肘が90度になるようにする。
  3. その姿勢を保ったまま、指先の方向に動かして30秒キープする。肩甲骨を回すようなイメージですると良い。
  4. 右足が左足の前に来るように交差させ、体の右側が伸びるように意識しながら20秒キープする。
  5. 姿勢を保ちながら、鼻が左肩につくようなイメージで首を曲げていき、20秒キープ。
  6. 反対側も同様に行う。

筋膜リリースで注意すべきことは?

筋膜リリースといえば、「肩こりや腰痛に良い」と言われていることから、ピンポイントでケアできる内容が多いように感じられます。

しかし、糖尿病をはじめ、全身の不調を改善していくためには、筋膜リリースについても全身を見て進めていく必要があります。

癒着して固まってしまった筋膜を剥がしていくことで、よりスムーズに動き健康的な体を維持できると言われていますが、糖尿病の際にはこの筋膜リリースが大きな効果が期待できます。
筋膜リリースを行うことで、糖尿病患者の基礎代謝量が高まることもあります。

糖尿病 筋膜リリース

糖尿病になることで、筋膜が糖化してしまうため関節や筋肉が動きにくくなってしまいます。
ここから運動をする機会がなくなり、体を動かしたときに苦痛を感じてしまうようになります。

このような悪循環を断ち切るためにも、筋膜リリースは有効な手段と言えます。

筋膜リリースの施術を受け続けることで、筋膜が癒着しているのを改善でき、体が快適に動くようになります。
その結果、運動をするのが楽しくもなるので、糖尿病も良い方向に向かっていくでしょう。

まとめ

女性の患者数が増えつつある糖尿病、その原因には女性ならではの体の変化も挙げられます。

糖尿病を改善していく上では食事内容の見直しや運動などが欠かせませんが、近年注目されている筋膜リリースに注目し、筋膜の癒着をはがしていくと適度な運動が可能になり、糖尿病改善の効果が期待できるようになるのです。

筋膜リリースは、全身のバランスを整えることを意識しながら実践してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。